相続時にかかる税金

相続時にかかる税金

相続時に税金がかかるのはお金持ちに限られていました。
しかし法律が改正されたことによって、対象者が増えています。
2015年1月から相続税が改正されています。
それまでは基礎控除が5000円と、相続人の人数×1000万円でした。
改正後は「3000万円+人数×600万円」になりました。
全国的に見るとまだまだ1割にもなりませんが、東京都などは高所得者が多いので20%以上の人が対象になってしまうと言われています。
例えば、母親と子供2人がいた場合には、「3000万円+1800万円=4800万円」が基礎控除の金額となります。
改正前なら8000万円の基礎控除があったことになるので、大きな変化です。
現金や貯金などはそのままの金額で評価されますが、土地などは控除が適用されます。
そのため、現金をそのまま持っておくよりも賃貸マンションなどを建てることで節税になります。
しかし、賃貸マンションを購入することにはリスクもあるのでしっかりと考えるべきでしょう。
専門家に相談をするのが一番ですが、信頼できる専門家を選ぶようにしましょう。
3000万円以上の資産を持っている人は全国的に見るとそれほどの割合ではないので、まだまだ多くの人は相続時に税金を気にしなくてもよいという状況です。

相続したお金は所得に含まれるのか?

相続したお金は所得に含まれるのか?

親族が亡くなった後、亡くなった方の遺産を相続した場合、そのお金は一定額以上ある場合には相続税という税金がかかりますが原則として所得には含まれないため、所得税の確定申告は不要です。
これは他人からお金の贈与を受けた場合も同じです。
遺産の相続や贈与については一定額以上の金額の場合はそれぞれ別の税金がかかってくるため、二重課税の防止の面からも所得には含まれませんが、土地や建物を引き継いだ場合は引き継いだものを売却した時や、そこから家賃収入などを得た場合には申告が必要になります。
引き継いだものを寄付した場合や亡くなった年に手術などで多額の医療費を支払っている場合には節税の観点から確定申告すると便利です。
還付申告については任意となっています。
遺産相続や贈与などで得たお金は、翌年の国民健康保険の金額に加味される事もないため、特に仕事の収入がほとんど無い方の場合は一年だけ急激に保険料が跳ね上がる事もないのでこの部分は非常に助かります。
あらかじめ遺産が多額になる事が分かっている場合は、年間110万円以下の個人贈与には一切の税金がかからないため、少しずつ先に贈与しておくと遺産分配時の節税にもつながってくるため理想です。

相続関連サイト

相続

新着情報

◎2018/6/19

相続税の延滞
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 税金」
に関連するツイート
Twitter

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

Twitter ningen50years ゆでたまご

返信 リツイート 8分前

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

Twitter gomikuzzzu ななちゃん

返信 リツイート 15分前

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

Twitter MAQO_CO MACOCO🧞‍♂️

返信 リツイート 24分前

...その事案が起きた時に税金を含む諸費用に関して不安に思うことがあります。以下に、主に税金を中心とした諸費用を検討してみたいと思います。 1.不動産取得 不動産取得には、大別すると購入、贈与、相続の3種類がありますが、通常、負担しなければならない諸費用には、次のものが考えられます。 (1) 仲介(媒介)手数料 不動産業者に仲介して購入する場合には、仲介(媒介)手数料がかかって...

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

Twitter dm_j9 宗教法人税

返信 リツイート 30分前

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

RT @Yolo20XX: 全国民にファイナンシャルプランナー3級のテキストを買ってほしい! マジで義務教育で教えてほしかったお金の制度がいっぱい書いてある。わかりやすいからぜひ買って!! 税金、社会保険、年金、確定申告、相続などいつかは絶対必要になる知識ばっかりだし!知ってた…

Twitter h_choa100 カツマタ

返信 リツイート 39分前

RT @4ki4: 日本の税金2 継いでも罰金 →相続税 あげたら罰金 →贈与税 貰っても罰金 →贈与税 生きてるだけで罰金 →住民税 若いと罰金 →年金 老けても罰金 →介護保険料 老いたら罰金 →後期高齢者 働かなかったら賞金 →生活保護

Twitter ma_kuma クマ(おはようからおやすみまで)

返信 リツイート 22:32

税金を直接税と間接税に区分すると、所得税、法人税、相続税、贈与税、固定資産税、地価税はいずれも直接税である。正か誤か。 解答: 正 解説:直接税とは、税金を実質的に負担する者と納税者が同じであるものをいい、間接税とは別々であるものをいいます。

Twitter fp3kyujouhou FP3級情報局@相互

返信 リツイート 22:31