相続税の延滞

相続税の延滞

相続税の基本は、死亡したことを知った日の翌日から10ヶ月以内であること、払うことが難しい場合には速やかに専門家へ相談をすることがあり、特に、申告と納付が同一期間となっていることを留意しておく必要があります。
相続税には厳しいペナルティが設けられており、違反内容によって延滞・過少・無申告・重加算があります。
延滞をした場合には利子によるペナルティが行われ、納期限の翌日から2ヵ月を経過する日までは年7.3%、以降に関しては年14.6%が適用されます。
無申告で期限後に自主的に申告をした場合でも5%が課せられ、指摘されての申告では15%で税額50万円を超える部分に関しては20%となります。
注意点は、他の税と異なり連帯債務義務が生じることがあります。
納税対象相続人が支払わない場合には他の相続人に督促状が届くことになり、そのまま放置してしまうと差押えの手続きが行われます。
また、悪質とみなさると最悪では懲役や罰金の対象にもなるために十分な注意が必要になります。

相続税の税率は額によって大きく変わる

相続税の税率は額によって大きく変わる

相続税の税率というのは、当然ですが額によって大きく変わることになっています。
但し、控除などもありますが、相続した金額がそのまま課税対象になる、というわけではありませんから注意しておきましょう。

物凄く単純な話であり、基礎控除額となるのが3000万円+600万円×法定相続人の数です。
ですから、極端な話し3600万円以下は非課税ということになります。
後は生命保険などに関してはまた別の控除がありますから、それに合わせて計算をしていく必要性があるのです。

ちなみに物によっては額面価格で、ということになり、購入した時よりも高くなる場合もありますし、安くなることもあります。
また、当然、借金なども含めての相続になりますがそれが考慮されるようなことはなく、資産に対しての課税になりますから、極端な話し、1億円の負債に対して1億円の資産ですとこのまま1億円に税金がかかることになりますから物凄く大変になってしまうのです。

新着情報

◎2018/8/23

相続時の不動産譲渡所得税
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続税の延滞
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 ルール」
に関連するツイート
Twitter