相続時の不動産譲渡所得税

相続時の不動産譲渡所得税

相続をする財産というのは色々とありますがその一つに不動産があります。この時、不動産を相続しつつ、それを売って現金を確保すると言う事があります。そんなことをする理由は単純に相続税は原則、現金での支払いになりますから仕方なく不動産を処分して現金を、としないといけない場合があるからです。
この場合、譲渡所得税、つまりは売った時の利益に対する税金はどうなるのか、となるでしょう。これはかかるようにはなっているのですが相続した不動産の売却価格が取得費とさらには譲渡費用よりも低い場合においては譲渡税がかからない、となっていますから、この点は心配する事はないでしょう。
この手の税金と言うのは受け継いだ財産を処分して得られた利益にも実はしっかりと課税されることになります。しかし、これはあくまで利益になるのであれば、と言うことであり、普通、不動産とは買った金額よりも下がるわけですから、よほどの事がない限りは大丈夫です。

相続した不動産には「不動産取得税」

相続した不動産には「不動産取得税」

不動産を相続した場合は、不動産取得税について意識をすることが必要となります。この税金は不動産を購入した場合などに発生するものですが、相続を受けた場合でも発生することがあるのです。
相続は相手が死亡した場合と生きている場合に分けられ、相手が死亡した場合には取得税は発生しないことになりますが、生きている場合には贈与と同じ扱いと税制上は見なされることになるため、無償で購入したのと同じ扱いとされることになるため、不動産業者などから購入した場合と同じように不動産取得税を支払わなければならないことになるのです。
不動産取得税は業者から購入した場合には諸経費の中に含まれることが多いため、購入する側はあまり意識をしないことが多いものです。しかし相続の場合には不動産業者が関与しないことが多いため、忘れてしまうことが少なくありません。この支払いを忘れてしまうと最悪の場合追徴課税となってしまうことがあるため、十分に注意をすることが必要です。

新着情報

◎2018/11/16

手続きの代理人、行政書士と弁護士
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

相続時の不動産譲渡所得税
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続税の延滞
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 不動産」
に関連するツイート
Twitter

不動産相続、改めてテキスト見たけど、きちんと勉強した方がよさげ。 FPの為っていうよりも、今後の業務上ね。 ギリギリまでしっかりインプットしながら、同時にアウトプットもしよう。

弁護士、税理士、行政書士等様々な士業や異業種のプロが相続に関する様々なサービスを提供する相続解決ドットネットの不動産相続相談センターのWebサイトを是非ご覧ください! sozokukaiketsu.net

Twitter不動産相続相談センター@sozokukaiketsu

返信 リツイート 22分前

不動産相続や贈与の対象となり、固定資産台帳や路線価などから算出した評価に対して課税するため、納める税金を少なくする事ができます

Twitter☆初心者不動産投資☆@sweetlandmaxfi1

返信 リツイート 34分前

不動産を売った時にかかる税金1』大阪市・上新庄の相続・登記・成年後見~…|yodogawa.sblo.jp/article/185174…

Twitter司法書士・行政書士よどがわ事務所@yodogawajimusho

返信 リツイート 7:57

私が知る限りでは、バツイチ子持ちと結婚して10年以上経っても上手くいっていて、このまま幸せな人生送りそうなのは本当に稼ぐ女性だけだわ。相続に対する防衛なのか、夫に生活費を稼がせて、妻が稼いで妻名義で不動産を買っている。妻の尻に敷かれているのだけど、その夫も幸せそうなんだよなぁ

バツイチ子持ちと結婚して相続で泡吹いている人は多いよなぁ。まさに争続になる。相続時の主な財産が不動産だったケースの悲惨さですよ。

相続登記の手続きの方法『平素から不動産相続に伴う各種手続きについて必要な知識を学ぶ機会をつくることも、この問題を予防するうえで、住宅・不動産事業者に求められる役割の一つになると思います。』 / “所有者不明土地問題 と住まい【…” htn.to/Eorczx

Twitter空き家の活用で社会的課題を解決するブログ@cbwinwin

返信 リツイート 6:55

彼の60歳のいとこが湖畔の不動産相続した。 His sixty-year-old cousin inherited a piece of real estate by a lake. (128)

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

【民法Ⅰ】不動産物権変動2: 共同相続=登記無く主張できる 遺産分割=登記必要 相続放棄=登記無く主張できる 相続の遺言がある=登記無く主張できる(遺贈は登記必要) 時効完成前に原所有者が第三者に譲渡=登記無しに時効取得できる 時効完成後に譲渡=登記の先後で決まる