基礎控除額と相続税のバランスを計算してみましょう

基礎控除額と相続税のバランスを計算してみましょう

相続税は、誰にでもかかる税金ではありません。
一定の金額以上の財産を残して亡くなった方にかかります。
この一定の金額のことを基礎控除と言います。
基礎控除額は、3000万円をベースとして600万円を相続人の人数でかけた金額を足します。
3人の場合には4800万円までは税金がかからないことになります。
相続税は、人数が多くなるほど少なくなるという性質があります。
妻が1人で不動産を相続すると遺言があったとしても基礎控除額には影響しません。
不動産があるケースでは、路線価で不動産の金額を想定して控除額より課税価格を計算します。
それぞれが、マイナスの資産評価となる収益物件などがある場合は、マイナス資産は他の財産と通算されないので遺産分割のやり方によっては基礎控除内でも税の負担がかかることがあります。
遺言書を作成する際に不動産の収益物件がある場合はこのバランス計算の結果をよく把握してから遺言書を作成する必要があります。

相続税の債務控除の対象は?

相続税の債務控除の対象は?

債務控除とは、プラスの財産からマイナスの財産を差し引くことを指し、上手に利用することで税金の軽減につなげることが可能になります。
ただし全ての相続が対象になるのではなく、法律によって控除できるもの・できないものが定められています。
認められているものは葬式費用や故人の債務があり、例えば、銀行など金融機関からの借入金があり、個人などからの借金も該当します。
亡くなった後に支払う所得税や住民税・固定資産税などの公租公課も対象になり、医療費や公共料金等の未払い金なども差し引くことができます。
一方、対象とならないものには団体信用生命保険で補填される住宅ローンや墓地などの非課税財産、債務保証、亡くなった後で発生する財産名義変更や相続処理依頼での報酬など諸費用が該当します。
債務控除は税理士に依頼をすることで適格に処理することができます。
仮にマイナス部分が多くなれば負の遺産相続となり、この場合には相続放棄をすることも1つの方法になります。

新着情報

◎2018/11/16

手続きの代理人、行政書士と弁護士
の情報を更新しました。

◎2018/8/23

相続時の不動産譲渡所得税
の情報を更新しました。

◎2018/6/19

相続税の延滞
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 控除」
に関連するツイート
Twitter

★ひっかかりやすい★ 暦年控除の計算で、同じ年中に生前贈与加算を適用した財産の贈与と生前贈与加算を適用しなかった財産(被相続人以外の者からor相続開始前3年超)の贈与を受けている場合には、まずその年分の贈与税を計算してからそれぞれに財産の価額による按分計算を行うこと。

Twitter相続税法学習bot@aoisakura21

返信 リツイート 19分前

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

障害者控除を重ねて受ける場合の計算で、最初に当該控除の適用を受けた相続がH22.3.31以前に開始している場合の既控除額計算では、85歳に達するまでの年数ではなく、70歳に達するまでの年数により行う。

空き家の3000万控除特例を使うためには直前まで被相続人が住んでいる必要があるということで、僕にとって経済合理的な行動は父を医療器具の整っていない実家に移動させて死ぬのを見守るということになる

日本の相続税法では、配偶者控除で1億6千万円が相続財産から控除されるので、よほど高額ではなければ配偶者には相続税がかからない。そして税法が改正されて、配偶者の生活を保障するためにおうちに関しては手放さなくても済む(配偶者居住権)ように。それは婚姻によるメリット。>RT

FPの過去問を解いてみたけど正答率が大体6割くらいだった。やっぱりだけど保険、税金の控除率、不動産の相続が苦手_(:3∠)_

小規模企業共済は65歳以上なら年金受取りが可。受取り途中で亡くなったらどうなるか気になって問い合わせてみたら、残りは相続人が一括で受け取ることになり、税法上死亡退職金扱いになるらしい。退職金控除の枠を満たしてそうな人なら、年金で受け取りながら再加入するのもアリかも。

とする。 (2) 法人税等相当額の控除 1の社団等又は2の法人に課される贈与税又は相続税の額については、1 の社団等又は2の法人に課されるべき法人税等の額に相当する額を控除する。

相続税は現金のみで耳揃えて払わないといけないので、現金以外の財産が多いと最終的に相続税払えなくて没収になるシステムなので、とにかく現金にしておくことが重要。 もしくは控除金額以内に押さえておくことが大切。 お爺ちゃんの時点で現金にしておけばこんなことにならなかったのになぁ(涙

相続税プチ情報】銀行借入金や未払費用などの債務や、葬式費用は承継した財産から 控除できます。これを債務控除といいます。 ただし、相続を放棄した者は、葬式費用しか控除できません。

Twitter三和会計事務所@sanwa_k

返信 リツイート 昨日 13:15