基礎控除額と相続税のバランスを計算してみましょう

基礎控除額と相続税のバランスを計算してみましょう

相続税は、誰にでもかかる税金ではありません。
一定の金額以上の財産を残して亡くなった方にかかります。
この一定の金額のことを基礎控除と言います。
基礎控除額は、3000万円をベースとして600万円を相続人の人数でかけた金額を足します。
3人の場合には4800万円までは税金がかからないことになります。
相続税は、人数が多くなるほど少なくなるという性質があります。
妻が1人で不動産を相続すると遺言があったとしても基礎控除額には影響しません。
不動産があるケースでは、路線価で不動産の金額を想定して控除額より課税価格を計算します。
それぞれが、マイナスの資産評価となる収益物件などがある場合は、マイナス資産は他の財産と通算されないので遺産分割のやり方によっては基礎控除内でも税の負担がかかることがあります。
遺言書を作成する際に不動産の収益物件がある場合はこのバランス計算の結果をよく把握してから遺言書を作成する必要があります。

相続税の債務控除の対象は?

相続税の債務控除の対象は?

債務控除とは、プラスの財産からマイナスの財産を差し引くことを指し、上手に利用することで税金の軽減につなげることが可能になります。
ただし全ての相続が対象になるのではなく、法律によって控除できるもの・できないものが定められています。
認められているものは葬式費用や故人の債務があり、例えば、銀行など金融機関からの借入金があり、個人などからの借金も該当します。
亡くなった後に支払う所得税や住民税・固定資産税などの公租公課も対象になり、医療費や公共料金等の未払い金なども差し引くことができます。
一方、対象とならないものには団体信用生命保険で補填される住宅ローンや墓地などの非課税財産、債務保証、亡くなった後で発生する財産名義変更や相続処理依頼での報酬など諸費用が該当します。
債務控除は税理士に依頼をすることで適格に処理することができます。
仮にマイナス部分が多くなれば負の遺産相続となり、この場合には相続放棄をすることも1つの方法になります。

新着情報

◎2018/6/19

相続税の延滞
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 控除」
に関連するツイート
Twitter

相続税の基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人」です。相続財産が基礎控除額の範囲内であれば...や納税の義務はありません。自分が関係する相続で税金が発生するかどうかを知るためには、まず「法定相続人が何人いるのか」について知る必要があります。あわせて、税率および税額を計算する際に必要となる...相続人は相続放棄をすると「初めから相続人でなかったこと」にすることが可能です。ただし、相続税では相続放棄した人も基礎控除額の計算をするときは、人数に入れることができます。 法定相続人の優先順位...

【コメント1】 ・相続税の納税義務者とならない ・在外財産は課税財産に含まれない ・××は相続税の非課税 ・相続税の課税関係なし ・相続人でない為適用なし ・××は控除できない ・相続人・包括受遺者でない為適用なし ・香典(収入)は贈与税の非課税

Twitter aoisakura21 相続税法学習bot

返信 リツイート 19:35

【中野区 不動産】毎年めまぐるしく変わる住宅にまつわる税制も、是非お問い合わせ下さい。相続税対策、贈与税対策、住宅ローン控除、買い替え特約等々・・・損しない不動産売買をご提案致します!不動産のことなら中野不動産~フェイス住販へお気軽にお問い合わせ下さい!

Twitter faithjyuuhan フェイス住販

返信 リツイート 18:23

障害者控除 障害者控除とは、相続税の計算において法定相続人が相続開始時に85歳未満で障害者の場合、一定の金額を控除できるという制度である。計算式は、控除額=10万円(特別障害者20万円)×(85歳-相続開始時の年齢)である。 #2級FP #2級FP技能検定

Twitter get_secondfp 2級FP試験重要単語

返信 リツイート 16:20

とする。 (2) 法人税等相当額の控除 1の社団等又は2の法人に課される贈与税又は相続税の額については、1 の社団等又は2の法人に課されるべき法人税等の額に相当する額を控除する。

Twitter souzoku1919 イキスギ相続

返信 リツイート 16:07

この書類で添付が足りるというのはありがたいですね。 まだまだ煩雑と思いますが、別リンクの通り、相続税申告の添付書類が簡素化されています。電子申告とかマイナンバーとか、利便性控除が叫ばれているため、もう一層の要件緩和が欲しいですね。 相続税申告書の添付書類の改正で何がどう変わったのか税理士が解説!- 記事詳細|Infoseekニュース news.infoseek.co.jp/article/soudanl...">news.infoseek.co.jp/article/soudanl... 相続税申告書の添付書類...

相模原市・町田市・八王子市不要な相続不動産空き家売却は3千万円の特別控除で今がチャンス!相続空き家不動産のプロ(公認)不動産コンサルティングマスター在籍店リビングホームにご相談下さい。livinghome.co.jp/Consulting.html 相模原

Twitter livinghome_co 相模原市橋本の不動産リビングホーム

返信 リツイート 15:03

相続税の課税価格の計算上、相続人が負担した葬式の際の香典返戻費用は、債務控除の対象となる。正か誤か。 【解答】誤 【解説】相続税の課税価格の計算上、相続人が負担した葬式時の香典返戻費用は、債務控 除の対象ではない。また、四十九日の法要費用なども債務控除の対象ではない。

Twitter fp3kyujouhou FP3級情報局@相互

返信 リツイート 14:31

2015年1月に変更された相続税の基礎控除額、についてより詳細な記事を掲載しました。 ぜひご覧ください。 hongolaw.com/japanesenews.h… #相続 #基礎控除 #ハワイ #国際相続

Twitter Hongo_Law_Offic Hongo Law Office, LL

返信 リツイート 11:58

また、当数式においては、相続人の数が増えるほど、基礎控除額の額が高くなりますので、差し引ける金額が高くなるほど、課税対象金額が少なくなります。 #基礎控除 #課税対象金額 #少なくなる

Twitter Hongo_Law_Offic Hongo Law Office, LL

返信 リツイート 11:56